記事一覧

少しでも上手くなりたい初心者のための、他の人の対戦リプレイ見るときのコツ

こんにちは。なみです。

先日TH11になって行き詰ってる、と書きましたが、その日の夜に、初めて、TH11初見全壊をとりました。
とはいえ、防衛施設は弱め、配置も緩め、見直せばあちらこちらにミスがあり、ツギハギだらけの全壊となりました。

そのあと、何となく今まで撮りためていた携帯のスクリーンショットを見ていたら、沢山もらったアドバイスの画像がわんさかと。

今回は、自戒の意味でも、いただいたアドバイスを少しばかりご紹介したいと思います。

私のように、大変なヘタクソ向けにいただいたアドバイスになので、中級者、上級者にとって物足りないはず。
どうぞその点は、ご容赦を。



皆様、自分のリプレイではなく、クラメンの対戦リプレイは見ていますか?
クラメンが多いクランさんに所属してると、量が多いかもしれませんね。

でも、これ、宝の山、こっそりプランニング力を鍛えるのに絶好のチャンスなんです。
もちろん、自分のリプを見るのも大事ですが、それは、また今度。

他の方のリプレイを見るときのコツ。

それは、たった一つ。



「考えながら見ること」



私なんかは、このアドバイスもらうまで、ずっと、ぼんや―――り見てました。他の人のリプ。

「わーー、ゴレウィズでこんなに削れちゃうんだ。うまいな―――。」
「この人がバルーン回すとなんだか強く感じるなぁ」
そんな程度の感想。

それが落とし穴でした。

「なんで、ゴレウィズでたくさん削れちゃうの?」
「なんでバルーン、私が回すときより強く感じちゃうの?」

こう考え始めてからが上達のスタート地点。

その「なんで」を解くカギは、リプレイを見る前から始まります。


これは、私の、最近のリプの見方です。


まず、リプレイを再生するボタンを押して、すぐに一時停止。
まだ、画面の中で攻撃は始まってません。

配置を見て、私ならどんな編成でどんな入りで攻めるか「考える」。

そのあと、攻めた人の編成を見て、この編成ならどうするか、入りはどこからどうやるか、想像する。「考える」


リプレイスタート。

自分の想像していたプランと同じか、それとも違うか。

違うなら、何故違うのか、リプを追いながら考える。
自分が持って行かないユニットを持って行ったなら、これはどんな意図があったのか考える。

「なんでゴブリン一体持って行ってるんだろ。」

見ていると、ゴーレムで防衛施設のターゲットを取ってから、金庫をゴブリン一体でサイドカットしています。

「そうか、私なら何も考えずウィザード出してしまうけど、ゴブリンで削れるんなら、枠数も少ないから、よりいいんだ。
同じ枠数のアーチャーやバーバリアンより、資源施設ならゴブリンの方が早いし」

なーんてことに気づけたりします。
自分で気づいちゃったことは、忘れにくい。

嬉しくなって、自分の攻めにも、すぐに取り入れたくなります。

やってみたら、ゴブリンが施設を削る前にゴーレムがやられちゃったりして、今度は入りの場所の大事さに気づいたりして。

どんどんつながっていくんです。


もちろん、見て、考えてもわからない時だって、あります。

自分の知らないテクニックかもしれない、もしかするとその人のミスかもしれない。

もし、質問できる関係性の仲間なら思い切って聞いてみるのもあり!
考える前に聞くのは自分の身にならないのでオススメできませんが、十分に考えた上で聞くのは、いいんじゃないかな、と思ってます。



私は、練習が必要なテクニック、ヒーローやユニットの強さの感覚の慣れ、そういったものはフレチャレなどを利用して練習しています。
でも、何度も攻めることができない対戦では、プランニングがとても大事。

そのための「考える」リプレイの見方を、リーダーやクラメンから、何度もアドバイスをもらいました。
今は、TH関係なく、味方が攻めた、全てのリプレイを見るようにしています。
イベントなどで、普段と違うメンバーと戦った時なども、大変勉強になります。

特効薬、とはいいがたいですが、じわじわと、確実にあなたの中に上手くなる「素」が溜まっていくはず。


なーんて、偉そうに書きましたが、私もいまだ修行中の身です。

でも、もし、少し前の私のように、自分のリプレイを見るだけで終わっている方は、ぜひお試しくださいませ!



煌-FURGOL-は、TH8からTH11までのメンバーを募集中です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント