FC2ブログ

記事一覧

趣味に本気になると、本業も伸びるということ

こんにちは、なみです。

本を読んでいて、これはブログに書いておきたい、と筆をとりました(実際パソコンですけど)

メンタリストDaigo氏著 「直観力」の中に、専門バカにならず趣味を極める、という一節。


”一つの分野での能力が伸びると、それとは直接関係ない別の分野の能力も伸びる”

引用 直感力 メンタリストDaigo リベラル社


脳の「汎化作用」(はんかさよう)という働きの一つなのですが、例えば、他のものにはわき目も降らず、仕事だけをやりつづけ、極めた人がいい成果を出すか、というと、意外とそうではない、ということ。

著作では、ノーベル賞を受賞した研究者や科学者が舞台芸術に携わっている人が多い事実や、将棋士の羽生善治さんが、本業以外のチェスで日本ランキング2位の記録をお持ちであることが記されています。


プロ顔負け、玄人はだしの趣味を持っている人、それを続けている人は、汎化作用により、本業にもいい影響がある、という内容でした。

これを読んで、ふと、クラクラを思い出しました。

仕事が忙しい、と辞めていった人、仕事や家庭を大事にしつつ、メリハリをつけながら本気でプランを練ったり、上手くなりたい、と練習し続けている人。

ライフ&ワークバランスは、とても重要だという考えは変わりませんが、「忙しい!もう趣味なんて止めだ!!」と投げ出すだけでなく、時折休憩したり、周りと協力し合いながら、極めていくことも、充実した人生の一つの選択肢なのかな、と考えた次第。

あくまで、考え方の一つかもしれませんが、作用自体は事実だと思うので、備忘録がてらに記事にしました。

ただし、趣味だけではなく、当然本業にも力を入れ、経験を積むことは言わずもがな。

脳は、複雑に絡み合ったネットワークで出来上がってるので、このような状況もありうるんですねえ。

では、皆様、よいクラクラタイムを!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント